電子書籍 ランキング&徹底比較

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

電子書籍のメリット

購入が簡単ですぐに読める

電子書籍の一番のメリットといっても過言ではないと思います。

 

テレビや雑誌などで紹介された本を読んでみたいと思ったときに、すぐに購入してその場で読書を楽しむことができます。

 

本を買いに行く手間や時間も一切かかりませんし、書店が閉まっている深夜などでも、時間帯を気にせず購入できるというのは電子書籍ならではのメリットですね。

 

本の置き場所に困らない

本は意外と大きさがあるため、部屋をつかってしまうものですが電子書籍のメリットは、このような置き場所には困らないということです。

 

特に普段からコミックなどを大量に読む人は置き場所にも困ったことがあるでしょう。

 

スマホやタブレットを使って電子書籍を読むこともできるので、電子書籍を使うためのアプリが少し増えるだけです。

 

スマホなどは普段から持ち歩くものですから、アプリの中に本が増えても置き場所などの問題はありません。

 

本の持ち運びが簡単で楽

通勤や通学の電車の中などで読書をしたい場合、本を持ち運ぶのって結構大変ですよね。

 

文庫本1冊程度でしたら、そこまで問題ないかもしれませんが、本の冊数が多くなったりページ数の多い厚い本になったりすると、地味に大変です。

 

欲しい本を簡単に検索できる

本屋さんに行って「どのコミックや雑誌が今は人気なのか?おすすめなのか?」ということを確認しなくても、すぐにおすすめコミックなどを検索することができます。

 

欲しい本をすぐに探せることは大きな魅力の1つですね。

 

紙媒体よりも価格が安い

電子書籍では、紙媒体のように印刷をするということがないので、コストの関係上紙媒体と比較して価格が安いことが多いです。

 

さらには、電子書籍サイトの期間限定のキャンペーン企画によって、「ポイント〇倍セール」や「割引キャンペーン」といったものが定期的に開催されていますので、上手く利用すればお得に書籍を購入することもできます。

 

電子書籍のデメリット

サービスの終了で読めなくなる可能性がある

電子書籍サイトのサービス終了してしまうと、せっかく購入した書籍が読めなくなってしまう可能性があります。

 

そのため、利用する電子書籍サイトは、運営している企業の経営状況の安定性にも気を付けて選んだ方が安心でしょう。

 

液晶に集中することで目や肩が疲れやすい

スマホを何時間も使っていると目や肩が疲れすぎて凝ってしまうということもあります。

 

特に電子書籍を読むときは画面に長時間注意がむいてしまうため、目や肩に負担がかかってしまいます。

 

貸し借りや売却ができない

紙媒体なら「この本、面白いから読んでみて」といったように友達に貸したり、読まなくなった本を中古ショップで売ったりといったことが可能でした。

 

しかし、電子書籍ではそういった貸し借りや売却ができないというのもデメリットの一つです。

 

紙媒体よりも販売されているタイトルが少ない

いくら電子書籍が普及してきているとは言っても、やはり紙媒体と比べるとどうしても販売されているタイトルの数は劣ってしまいます。

 

マイナーな書籍となると電子書籍で販売されていない可能性もあるため、結局紙媒体での購入になってしまうこともありますので注意が必要です。


トップページ メリット・デメリット 口コミ・評判 電子書籍のQ&A